私たちは安全は基より、美味しいみかんを消費者の皆さまに安心してご賞味いただきたい!
そんな願いを、気候、風土に恵まれた天草と三角町の南海岸沿いの自然環境と豊かな土壌条件の中に、可能性を求め、私共の丹精込めた努力の結果、自然生態系を応用した環境を作る事で、美味しいみかんの栽培に成功しました。
美味しいみかんは、樹木が健康である事の結果で、みかんの木に最もふさわしい土壌条件と果木の健康管理に一番気を使っています。
有機生産物で最も大切な事は、堆肥や有機資材を与えることが全ではなく、果樹が吸収する養分が、善玉でなければならない為施肥も有機100%の乳酸菌ボカシ肥料を使用しています。
結果生産される、みかんの味、色、含有成分共に従来の基準を越え、食品として人の健康を助長できる物と思います。
皆さまに安心して食べて頂い為と、土壌環境を推持するため、私共の園内では草生法として草と樹木の共生関係を大切にしています。
地上部の草は光合成エネルギー(緑肥)として、私達の手で刈り取り土に環元し、地下部の根は土中の水分調節ゃ、微生物群のバランスの促進、また果樹の微細根の営みと共に土壌環境を保持しています。
まだ完全無農薬ではありませんが、みかんの木を健全に育て自然免疫力を持つ事が目的ですから果樹にとっても、土壌においても負荷のかかる化学農薬等の毒物は、出来る限り使わない事としています。
またみかんの美味、艶も農薬によって低下しますので病虫害の予防には極力、木酢液、黒糖エキス、酢糖酎等を使用しております。
昔から良い作物は土壌からと云われるよう、私共は土の中の環境づくりが基本である事を念頭に努力して来ました。
従来の科学的と、物理的が優先した農業によって壊された障害土壌から、有効微生物群の力を借りて、生理的に活性化した土壌に還元する事に成功しました。
土中で営んでいる豊かな有効微生物群により、有機、無機成分をアミノ酸類・ピタミン類・ホルモン類・色素類・ミネラル類等非常に多種多様な価値の高い栄養源に置き換え、土壌に善玉条件が整うことで微細根の働きが旺盛になり根域も広くなり有効養分を選択吸収するためビタミンやミネラルを豊富に含んだ品質の良い美味しいみかんが収穫できるように成りました。
自然の営みによって作出された色、艶、味です。箱詰めも手詰め出やっております。日持ちも比類なきものと思われます。
箱の中に入っている桧木の葉はヒノチオールの発散によるみかんの腐敗防止による鮮度保持の為と、皆様消費者と私達生産者の意識の和合のためです。
意味は、桧とは木偏に会うと書きますが、木(気)が会う、のことです。
 
天草郡有明町  本田 実(デコポン・清見・ジューシーオレンジ・温州)
天草郡河浦町  大塚 宏(八朔・温州)
宇土郡三角町  吉田 優(デコポン・レモン・スィートスプリング)
天草市五和町  寺田 親人(ポンカン・デコポン・清見・パール柑・甘夏)
※離農などにて現在4人衆となっております。新たな仲間を募集中です!
> 第9回 驚異の生命力 耕作放棄地対策の救世主! > 第8回 ラクト&ステビア農法を生かす
> 第7回 食の3原則について > 第6回 ラクトバチルスでペットを飼おう
> 第5回 有機家庭菜園つくり「ちょっとメモ」!! > 第4回 れんこんの健康効果
> 第3回 自然生態系農業の一般化提唱 > 第2回 知っておくと便利「野菜の簡単保存法」